神奈川ネットワーク運動海老名つつ木みゆきの日々猫日和^^~4月10日臨時議会終わりました。

臨時議会の議案は補正予算の審査です。

私が所属する文教委員会ではコロナ対策のものが多く、「次亜塩素水素の配布に999千円」、教育総務費では「プログラミング教育推進事業費として180万円」計上されています。

新型コロナで小、中、高校や特別支援学校などで一斉休校になり子供たちの学習の形が色々と考えられいます、世界各国ではオンライン学習が進み日本でも、熊本や千葉では自宅で過ごしている児童生徒の学習を支援する特設ページをインターネット上に開設しました。

海老名市ではギガスクール構想が今年度整備される予定ですが、前倒しして今中学校で導入されてるインターネットeライブラリを小学校にも導入する等の補正予算になっています。学習面や安心、安全の居場所作りはこれからも多くの課題がありますが、この感染症を「正しく恐れるよう正しい知識」を子供たちに伝えることが大切だと思います。

国民健康保険事業特別会計補正予算で、傷病手当金が200万が計上されています。これは給与や賞与の支払いを受けてる国民健康保険の被保険者が新型コロナウイルスに感染したときまたは発熱等の症状があり当該感染症の感染が疑われ、労務に服することが出来なくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち労務に就くことを予定していた日について当該被保険者の属する世帯の世帯主に対し支給される手当金です。

しかし国民健康保険の被保険者の多くは自営業やフリーランスであり、対象者である給与をもらっている加入者は全体の3割です、対象者の拡充をお願いしました。

この他に市道62号線並木橋歩道橋整備費として8000万円が計上されています。整備する場所から出た湧き水対策としての補正予算です、湧き水が出たのは昨年の11月に分かっていたということですがなぜ補正予算に?という疑問はぬぐいきれません。—昨年の11月に初当選してはや4か月半、初委員会、初一般質問、初本会議、そして臨時議会、言いたいことの半分も言えてないのが現状ですが、これからもしっかりと皆さんの声を議会に届け、人もそうですが犬や猫もより住みやすい海老名にしていきたいと思いました。