神奈川ネットワーク運動海老名つつ木みゆき日々猫日和(=^・^=)平和部会に参加しました。

7月15日㈬梅雨~って感じ肌寒い1日うちの家猫ニコさん丸まって寝てます。

昨日14日中新田のネット事務所で「平和部会」が行われました。

2010年までは「市民発.平和の集い」を海老名ネット平和部会が主催して開催しました。2011年には「海老名市原爆被災者の会」「えびな.九条の会」「日ロ文化交流センター」「海老名市平和映画界」などの団体や個人の方と連携し「市民発.平和の集い」を開催してきました。しかし戦争を知らない世代に戦争体験の声を届ける語り部の高齢化や、平和の集いを開催する側も高齢者が大半で中々若い人たちに平和の大切さを引き継いでいくことが出来ていないのが今の現状だと思います。

それに加えて今年は新型コロナウイルス感染症拡大で「市民発.平和の集い」や平和資料館見学は見送りになりました。

戦争体験を腹話術や、朗読会で開催出来るよう小学校や中学校にはたらきかけていきもっともっと若い人たちが平和について考える環境を沢山作っていければと思います。

私自身戦後に生まれた幸せな世代ですが、原爆投下のあった長崎で生まれ育ったこともあり今でも8月9日の11時02分には人知れず黙とうをしています。爆心地の浦上で幼少期を過ごした私にとって戦争の爪痕は身近に沢山ありました。やはり幼い頃から戦争や平和に対する教育をしっかりとしていくことは歴史を正しく知るという意味においても大切なことだと思います。

平和部会としては市への予算提案もしっかりとやっていきます。

世界各地では毎日さまざまな争いが起こっています、自身の子どもやその先の子ども達には常に平和な世界で生きていってほしいですね。