神奈川ネットワーク運動海老名つつ木みゆき日々猫日和3月議会無事終わりました。

3月29日㈪今日は初夏のような暑さでした。

昨日の雨で三島神社の桜も花びらがほぼ無くなり葉桜状態になりました。今年はやはり葉桜になるのが早いみたい~🌼

2月25日から始まった3月議会は3月26日に終わりました。今回は同期の池亀議員がお亡くなりになり、驚きと悲しみの中での議会となりました。議員になって1年これからという時に、さぞ心残りだっただろうと思います。自然を愛する物静かで優しい方でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

一般質問は、昨年9月に海老名市で144匹の猫が保護された「多頭飼育崩壊」について、そして飼い主のいない猫を地域で保護し見守っていく「地域猫の取り組み」について行いました。

多頭飼育崩壊の問題は人間の問題ではなく動物の問題だとされてきたため福祉の分野も積極的に関わってきませんでした。しかし多頭飼育の問題は精神疾患や、高齢者の認知症なども関連があるとされていて、生活困窮、社会的孤立、病気と貧困というまさに福祉政策の中核的課題であるのです。色々な側面に応じて支援、対応を行うことが求められます。

「地域猫の取り組み」についても今後動物愛護団体と進めていきたいと思います。

<令和3年度海老名市予算>

予算総額720憶400万円、一般会計452億2500万円、予算総額.一般会計ともに5年ぶりの減少になりました。

そんなコロナ禍の中、海老名市は市制施行50周年という節目の年になります。

記念誌、記念動画の作成、えびな芸術祭の開催、市民まつりにおける花火5000発の打ち上げなど様々な記念事業が予定されています。代表質疑で予算をかけずコンパクトな50周年をお願いしますと要望しました。

いよいよ、4月新年度が始まります、オリンピック、パラリンピックもどうなるのか第4波も懸念されていますし、直下型地震もいつきてもおかしくない状況~日本大丈夫?コロナに地震、皆さん気をつけましょうね。